トップページ連盟概要

連盟名誉会長ご挨拶


 いつの時代でも、次代を担う子供たちを心も身も健康に育てることが何よりも大切であります。
 最近、わが国では、子供の数が非常に減少してきております。この事を考えると、この少ない子供たちを大切にして、心と体を鍛えて強くたくましく、立派に育てることが、さらに重要になってきていると思います。
 古くから「健全な精神は、健全な身体にやどる」と言われておりますように、スポーツを通して体を鍛え不屈の精神を養い、また仲間との友情や協調心など豊かな心を育てることが何よりも大切であると思います。
 子どもたちにとっては、学校の勉強も大切ですが、その前に病気をしない強い体と豊かな心を育てることが重要であると思います。
 そこで私たちは、地域の少年たちのために、学校の休日を利用して、野球の専門家の熱心な指導の下に野球の基礎・基本をしっかり教え、練習や試合を通して子供たちの心と身を鍛えて立派な人間に育てあげる組織とし、この浦和軟式少年野球連盟を結成した次第であります。
 幸い私達の連盟は関係者のご好意により専用球場を二面保有しております。この球場で父母の応援の下に練習をし、また、試合をしていくことは、子供たちにとって非常な楽しみでもあり、また少年時代の良い思い出にもなると思います。
 お陰様で私たちの連盟は関係者皆様のご尽力と父母の皆様のご理解あるご支援ご協力により年々隆盛になってまいりました。
今後とも皆様の温かいご支援、ご協力を心よりお願い致します。また、子供たちの新規参加をお待ちしております。


浦和軟式少年野球連盟名誉会長
       元大蔵大臣  松永 光

連盟会長ご挨拶




浦和軟式少年野球連盟会長
   埼玉県議会議員 宮崎 栄治郎
 人にはそれぞれ生きる道があります。
 私達は、何らかの縁があって、又同じ目的を以て、この浦和軟式少年野球連盟のもとに参集しました。明るく素直な規律のある良い子供達を野球という場の中で育成しようとする仲間の集まりです。私共のやっている事、やろうとしている事は、この広い日本の中では、ごく一部の小さな存在であるかもわかりません。然しながら、昨今、少年達の非行化がおいおいと低年化している現状の中で、何かと立派な少年達を作り上げ、ひいては、成人した暁には、社会に役立つ人間として、活躍してくれる姿を夢に見て懸命に努力しておられる参加チームの各指導者及び父兄のみなさんの力は将来必ずや、此の子供達によって大きく発揮されることでしょう。又、子供達も野球を通じて学び得た協調性、強い精神、礼儀を自然と身につけ、どんなに逆境にもめげない正義感のある人間として健やかに育ってくれる事を信じてやみません。その為にも、わたくしも、みなさまと共に松永会長のもとに固いきずなで結束し、常に話し合いをもちながら交流をはかり、正しい立派な連盟の発展に寄与したいと思います。
 私も、年に一度行事の一端として、宮崎杯を開催させていただいております。
 今後とも、みなさまの御協力ならびにお力添えをお願い致します。


連盟理事長ご挨拶



浦和軟式少年野球連盟理事長
       小杉 満
                           
少しお待ちください。



連盟組織図及び連盟役員




連  盟  理  事
所  属 氏  名 所  属 氏  名
総務部広報担当 小杉 茂子(Bu) 運営部 籠谷 一正(SJ)
神谷 威旨(SJ) 山田 光成(SJ)
財産管理部 星野 文明(E)   定池 英夫(Bu)
  石田 健作(Bo)   永堀 裕基(W)
施設管理部 高橋 和則(H) 記録部 白井 明男(Bu)
大久保 智(G)
渉外部 荘司 章典(E)

連盟専用球場




埼玉県さいたま市桜区下大久保1159番地

・・・さらに詳細は




専用球場A面

専用球場A面



専用球場B面

専用球場B面